【ファンケル オバジ スイサイ】レビュー徹底比較!毛穴ケアなら酵素洗顔

酵素洗顔3種類のパッケージ毛穴ケア
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、あこです。

今話題の酵素洗顔を知っていますか?

毛穴の汚れ・角栓・黒ずみをケアしてくれるものといえば、酵素洗顔というのがお馴染みなってきました。

でも、こんな疑問はありませんか?

悩める女性
悩める女性

酵素洗顔したいけど、実際どれがいいんだろう・・

どんな風にいいのかそれぞれ知りたい

使い方で注意することってあるのかな

今回の記事では、こんな悩みに答える内容になっています。

酵素洗顔といえば、ファンケル オバジ スイサイの3つが有名で、私の一番オススメするものなので、この3つだけを取り上げて、比較してみました。

あこ
あこ

この記事の執筆者あこは、40代現役ナース。
30代の頃から10年以上毛穴ケアに悩んできました。
40代、悩みを解消し、毎日明るく過ごしています。

20代の頃から美容が趣味で、30代ではエステの資格を取得。
美容医療やコスメなど、日々新しい情報を模索しています。

詳しいプロフィールはこちら

酵素洗顔といえば【ファンケル オバジ スイサイ】

酵素洗顔3種類1個づつ

酵素洗顔といえば、

  • オバジC 酵素洗顔パウダー
  • ファンケル ディープクリア 洗顔パウダー
  • スイサイ ビューティクリアパウダーウォッシュ

この3つが思い浮かぶ方が多いかと思います。

ではこの酵素洗顔は一般の洗顔とどんな違いがあるのでしょうか。

酵素洗顔はその名の通り、酵素が含まれています。

  • プロテアーゼ、パパイン 
    ・・・・・・・・古い角質を分解
  • リパーゼ、パパイン
    ・・・・・・・・皮脂汚れを分解

この酵素が古くなった角質や皮脂を分解してくれる働きがあります。

一般の洗顔で落としきれなかった汚れを分解して洗い流してくれるのです。

よってより正常なターンオーバーが促され、化粧水や美容液の浸透も良くなり、お肌をより良い状態に仕上げてくれます。

では、『ファンケル オバジ スイサイ』この3つはどんな違いがあるのか、気になりますよね。

まず、それぞれの特徴を簡単にみていきましょう。

オバジC 酵素洗顔パウダー

含まれる酵素は2種類、プロテアーゼリパーゼ

オバジといえば、ビタミンC。

イメージ通りビタミンCが配合されていて、つるりとした滑らかな肌に導いてくれます。

ファンケル ディープクリア 洗顔パウダー

含まれる酵素は、プロテアーゼのみですが、炭・吸着泥が含まれており皮脂汚れを吸着してくれます。

炭・吸着泥が含まれているため、パウダーは白ではなく、ブラックパウダーです。

ヒアルロン酸とアミノ酸系洗浄成分で、肌本来のうるおいを守りながらつるつる透明感のある肌に整えます。

スイサイ ビューティクリアパウダーウォッシュ

こちらは、オバジと同じく含まれる酵素は2種類、プロテアーゼとリパーゼです。

スイサイのパウダーよりオバジのパウダーの方が粒子が細かく、スイサイは顆粒のように見えます。

ファンケルのパウダーも粒子が細かく見えます。

結論を言ってしまえば、どれもいいものではあります。

が、それでは比較にならないので、チェック項目を作り、それぞれランキングして競わせてみました。

酵素洗顔【ファンケル オバジ スイサイ】をチェック項目ごとにランキング

酵素洗顔ファンケル オバジ スイサイの3種類を全て一定期間使用し、レビューを勝手にランキングしました。全て個人の感想のランキングです。

成分

成分だけを考えたおすすめランキング

1位 オバジC 酵素洗顔パウダー

タンパク分解酵素であるプロテアーゼと皮脂分解酵素のリパーゼ、2種類の酵素を含んでいます。
そのほかに、ビタミンC(アスコルビン酸)も配合されていて、つるんとした肌に導いてくれます。

2位 スイサイ 洗顔パウダー ビューティクリアパウダーウォッシュ

タンパク分解酵素であるプロテアーゼと皮脂分解酵素のリパーゼ、2種類の酵素を含んでいます。

3位 ファンケル (FANCL) ディープクリア洗顔パウダー

酵素として含んでいるのは、タンパク分解酵素であるプロテアーゼのみです。
しかし、皮脂を取り去ってくれる炭・吸着泥を含んでいます。

泡立ち

あわ立てネットを使用せず、あわ立てて比べてみました

1位 ファンケル (FANCL) ディープクリア洗顔パウダー

泡立ち良く、ネットがなくてももっちり泡が作れます。

2位 スイサイ 洗顔パウダー ビューティクリアパウダーウォッシュ

あわ立てネットがなくてもよく泡立ちますが、あわ立てネットを使った方がよりもこもこ泡が作れます。

3位 Obagi(オバジ) オバジC 酵素洗顔パウダー

3つの中で一番泡立ちが悪いですが、泡立てネットなど使用すれば問題なし。
でも、モコモコ泡はの方は、物足りないかもです。

洗い上がり

洗顔ごの肌触り感

1位 オバジC 酵素洗顔パウダー

洗い上がりのつるつるさっぱり感すべすべ感はピカイチ。

2位 ファンケル (FANCL) ディープクリア洗顔パウダー

つるつるしっとり、すっきりとした洗い上がり。

3位 スイサイ 洗顔パウダー ビューティクリアパウダーウォッシュ

つるつるすべすべ肌

毛穴の汚れ

見た目では特に鼻、顎部分の毛穴がわかりやすい

1位 Obagi(オバジ) オバジC 酵素洗顔パウダー

黒ずみもすっきりきれいに洗い上げてくれます。

2位 ファンケル (FANCL) ディープクリア洗顔パウダー

黒いパウダーを見ると、余計に毛穴の汚れが吸着されている気がします。
もちろん、実際に汚れを落としてくれます。

3位 スイサイ 洗顔パウダー ビューティクリアパウダーウォッシュ

回数を重ねると黒ずみもすっきり。

コスト

個数と価格で比較

1位 スイサイ 洗顔パウダー ビューティクリアパウダーウォッシュ

32個入りで1,980円(税込)

2位 Obagi(オバジ) オバジC 酵素洗顔パウダー

30個入りで1,980円(税込)

2位 ファンケル (FANCL) ディープクリア洗顔パウダー

30個入りで1,980円(税込)、こちらはオバジと同じコストです。

酵素洗顔の際に気をつけたいこと

洗顔シーン
  • 洗いすぎは、逆に肌トラブルの原因に
  • お顔をゴシゴシしない
  • 熱すぎず、冷たすぎず、肌と同じくらいの温度のお湯で

酵素洗顔は洗浄力があり、すっきりしますがやりすぎはやはり肌トラブルの原因になり、良くないです。

毎日使用しても良いとしているものもありますが、朝夕のどちらか1回だけ。

個人的に一番おすすめなのは、週に1〜2回が一番ベストです。

あこ
あこ

週に1〜2回の頻度で、私自身は今とても良い肌状態を保てていると感じていますよ。

また、お顔をゴシゴシ洗うのは絶対にダメ

泡を転がす程度に、手を動かすか、または泡を乗せただけでも洗顔は始まっているので、泡を軽く押すように洗うのが良いです。

お湯の温度は、熱すぎると肌に必要な皮脂まで落としてしまい乾燥の原因になります。

逆に冷たすぎると、血行が悪くなってしまいその後につけるお化粧品の浸透を悪くしてしまいます。

ですので、人肌程度の温度のお湯がベストです。

まとめ

酵素洗顔【ファンケル オバジ スイサイ】について、お話ししました。

では実際どれがいいのかというと、答えは全ていいところがありどれも良いとなってしまいます。

あとは、お好みだと思いますが、個人的に私はオバジを主に使用し、時々ファンケルを使用しています。

色々試した結果、オバジとファンケルの組み合わせが私の肌にマッチしました。

あなたも、お肌に合うものを探してみてはいかがですか。

きっと、合うものがみつかり、つるんとしたお肌が手に入りますよ。