VC100ホットピールクレンジングを徹底レビュー【マナラホットクレンジングゲルと比較】

シーラボVC100ホットピールクレンジング本体毛穴ケア
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、あこです。

ホットクレンジングで検索しているとマナラホットクレンジングゲルが話題ですね。

ずっと気になっていたので、今回愛用しているドクターシーラボのVC100ホットピールクレンジングゲルと比較してみました。

結果は、ドクターシーラボVC100ホットピールクレンジングゲルをこれからも愛用します。

あこ
あこ

この記事の執筆者あこは、40代現役ナース。
20代の頃から美容が趣味で、30代ではエステの資格を取得。

30代の頃から10年以上毛穴ケアに悩んできました。
40代、悩みを解消し、毎日明るく過ごしています。
美容医療やコスメなど、日々新しい情報を模索しています。

詳しいプロフィールはこちら

VC100ホットピールクレンジングゲル徹底レビュー【マナラホットクレンジングゲルと比較】

ドクターシーラボのVC100ホットピールクレンジングゲルは温感ゲルタイプのメイク落とし

一番のお気に入りは、これ一つでなんと5つの役割を果たします。
メイク落とし・洗顔・ピーリング・温感マッサージ・温感パック

発売は2016年頃で、リニューアルをしながらシーラボの中でも今も人気です。

では、ポイントごとにレビューしていきます。

使用感

顔にのせた瞬間、ジワ〜と暖かくなってきて、気持ちいい。

この暖かさで、毛穴が開きやすくなって、毛穴の奥まで綺麗にしてくれるんですね。

オレンジ系のほのかな香りも心地いいです。

テクスチャーはゲルなので、初めはやや硬めですが、ゆっくり伸ばすと馴染んできます。

  • マナラホットクレンジングゲルの温感も同じくらいですが、若干シーラボの方が温感が強い感じ。
  • 香りもほのかな柑橘系の香りで似てますが、マナラの方が少しはっきりしています。
  • テクスチャーはほぼ同じくらいですが、マナラの方が伸ばし始めが伸ばしやすい。

時短できる

ドクターシーラボのVC100ホットピールクレンジングゲルは、ダブル洗顔が必要ありません

なので、たった5分か10分の時短ですが、毎日となると一週間で30分〜70分、1ヶ月になると120〜280分の時間が節約できます。

こう考えると、すごい時間ですね。

それでいて、洗い上がりもスッキリしっとりなので、他のクレンジングと洗顔でダブル洗顔するよりも満足な洗い上がりです。

毛穴ケアもできるので、酵素洗顔などの毛穴ケアの回数も減らすことができて、ケアができちゃってるのはうれしい。

  • マナラホットクレンジングゲルもダブル洗顔不要です。
  • 洗い上がりは、マナラもスッキリしっとりですが、よりさっぱり感がありました。

美容成分がすごい!!

なんと美容成分93.6%で美容液級。

ほぼ美容液で洗っている感じです。

洗い上がりが、乾燥感がなくしっとりなのは、このすごい成分のおかげだったんですね。

では何がそんなにすごいのかというと、まずお気に入り成分をあげていきます。

  • ナイアシンアミド
  • APPS(パルミチン酸アスコルビン酸3Na)
  • 酵素・モロッコ溶岩クレイ
  • 9種類のピーリング成分(植物由来の精油)
  • 無香料・無合成着色料・無鉱物油・パラベンフリー・アルコール無添加・石油界面活性剤フリー
  • マナラホットクレンジングも91.3%の美容液成分配合
  • マナラはセラミド、ヒアルロン酸、スクワラン、ハイドロキノン誘導体、油溶性ビタミンC誘導体など美容成分たっぷり
  • 7つの無添加でこれはどちらも同じ

【注目の高機能成分「ナイアシンアミド」】

ナイアシンアミドには美容効果がいくつもあって、主に美白・保湿・シワ対策があります。

  1. 美白・・シミの原因となるメラニンが、メラノサイトから肌の表面の表皮細胞へ移動するのを抑える
  2. 保湿・・肌のバリア機能に重要なセラミドなどの合成を促進する
  3. シワ対策・・コラーゲンの減少を抑える
マナラホットクレンジングゲルに含まれる成分
  • ハイドロキノン誘導体が配合
    (メラニンを作り出すチロシナーゼに働いてメラニンの生成を阻害)
  • セラミドが配合
    (角質細胞の主要成分で、皮膚の保湿、バリア機能を司る)
  • スーパーマイクロコラーゲン
    (コラーゲンを通常の1/1000に分解し、超微粒子化したもの。肌の奥の角質層まで届く)

【APPS(パルミチン酸アスコルビン酸3Na)】

APPS浸透型ビタミンC誘導体と呼ばれています。

この浸透型というのは、水溶性と油溶性の両方の特徴を持っているんです。

つまり、表皮で働く水溶性ビタミンC真皮へ浸透して働く油溶性ビタミンCの両方の働きをします。

しかも、浸透力は今までのビタミンC誘導体の数十倍から100倍

APPSの主な6つの働きは、

  1. 美白・・メラニンの生成を抑制して、しみや色素沈着を薄くする
  2. コラーゲン生成促進・・線維芽細胞の働きを高め、肌にハリを持たせる
  3. 活性酸素除去・・皮脂細胞に浸透して、ニキビやシワ、シミなどの原因となる活性酸素から肌を守る
  4. 保湿・・保湿力を高めて、乾燥しにくい肌をつくる
  5. 抗老化・・遺伝子レベルで細胞の老化を抑える
  6. 皮脂分泌抑制・・皮脂の分泌を抑制して、毛穴の開きを引き締める

こんなにあります。

すごいですね。

  • マナラホットクレンジングゲルには油溶性ビタミンCが配合されています。

ビタミンCについてこちらの記事をご覧ください。

【毛穴・角質ケア成分】

あとは、酵素も入っているし、モロッコ溶岩クレイや植物由来の9種のピーリング成分も入っていて、毛穴ケア角質ケアもばっちり。

  1. 毛穴ケア・・パパイン酵素とプロテアーゼ酵素
  2. 角質ケア・・9種のフルーツエッセンス
  3. 黒ずみ洗浄成分・・モロッコ溶岩クレイ

コスト

ドクターシーラボのVC100ホットピールクレンジングゲルは、

  • 定価・・150g¥3036円(税込)
  • 指定特割・・期間を指定して定期的に購入で20%割引(150g¥2428円税込)

マナラホットクレンジングゲルは、

  • 定価・・200g¥4180円(税込)
  • 定期購入・・通常価格から20%割引(200g¥3344円税込)
  • 若干ドクターシーラボVC100ホットピールクレンジングゲルの方が安いですが、大きな差はない
  • 分量を同じにして600gで考えると、シーラボは600g¥3036円 ×4=¥12,144円。マナラは600g¥4180円×3=12,540円

毛穴ケアできるオススメのクレンジングについての記事も書いています。

まとめ

洗顔する前の女性

実際使ってみて、どちらも使用感と洗い上がりはとってもモチモチ肌でよかったです。

どちらもダブル洗顔が不要で楽ちんなのに、お肌のケアもしてくれる優れもの。

では、今後どちらを選ぶか。

美容成分の内容から考えて、やはりドクターシーラボVC100ホットピールクレンジングゲルを今後も愛用していこうと考えました。

やはり、シーラボはお気に入り成分が入っているので捨てがたいです。

どちらを選ぶかは、使用感は大差がないので個人差ですね。

どちらも美容成分たっぷりなので、あとはどちらの成分の内容がお気に入りかで考えるのがいいかと思います。