【写真付きレビュー日記】リンクルショット【196日目】〜気になるシワ。部分ケアだけではダメな理由〜

リンクルショット 196日目リンクルショットレビュー日記
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、あこです。

リンクルショット メディカルセラム」が2021年1月にリニューアルしました。

気になっている方多いのではないですか?

この記事はレビューと、ちょっとした美容情報です。

タイトルにあります【写真付きレビュー日記】とは日記のような形で、リンクルショット使用中の経過を経過日ごとに写真付きで公開していきます。

更新が遅れてしまい、ズレズレになってしまいました。

本当は今回は使用後168日目、約6ヶ月目のレビューを書く予定だったのですが、最近いろいろと忙しくなかなか更新できなかったので、今回は、168日目を飛ばして196日目(7ヶ月目)のレビューを書くことにします。

写真で確認してみてください。

リンクルショット メディカルセラムについて、

友人
友人

新しくなったリンクルショットの使用経過を見たい。

気になっているけど高価なので情報を集めたい。

リニューアルしたけど、実際の使用感はどう変わったんだろう。

こんな疑問はありませんか?

この【写真付きレビュー日記】では、このような問題に答える内容をシリーズでまとめていきます。

興味を持っていただければ、ぜひこのブログをブックマークなどして頂いて、使用経過を写真と合わせて時々見に来ていただければ嬉しいです✨

当初はリンクルショットをどのくらい使い続けるかは決めていませんでしたが、ずっと継続することにしました。

一番手強い眉間のシワですが、少しづつ良さを実感してきました。

また、若い頃からずっと気になっていた目の下のシワも、今までの化粧品とは違うと感じてきています。

既にリンクルショット4本目を使用中です。

今後は、月に1回のペースで発信していきますのでよろしくお願いします。

あこ
あこ

この記事の執筆者あこは、現役ナース。

2021年の段階で48歳。
趣味は、アンチエイジング。
20代の頃から美容が趣味で、30代ではエステの資格を取得。
美容医療やコスメなど、日々新しい情報を模索しています。

詳しいプロフィールはこちら

次回発信予定は、224日目(8ヶ月目)。

では、本日は196日目の写真です。

肌荒れなどで、見苦しいかもしれません💦
閲覧注意です。

スポンサーリンク

【196日目】リンクルショット メディカルセラム

今回はリンクルショットを使い始めて、196日目です。

使い続けて7ヶ月経ち、停滞期は続いてます。

はじめの頃より、良くなってるはずですが、私自身も同時に歳をとっています。

その辺を考えると、シワを深くさせてないだけでも喜ぶことなのかもしれません。

最近、化粧ノリがいいのもあって、シワが前より目立たないような気がします。

レビューの写真は、基礎化粧品をつける前で、洗いたての写真です。

これを見ると、、

まだ、あまり変わらないかな。

くじけず、まだ継続していこうと思います。

眉間のシワ196日目

眉間のシワ

縦に1本それに続くように左目頭に向かって斜め線のシワがあります。

やっぱり、一番手強い眉間のシワ。
なかなか変わりません。

眉間にシワを寄せないように気をつけてるのですが、無意識に力が入ってるのかもしれません。

目の下のシワ196日目

目の下のシワ

左目の下に複数の放射線状と網目状のシワがあります。

目の下は若い時から少しづつ増えてきたので、ずっと気になっている部位です。

光加減もあるけど、少し減ってきたような。

実感としては、いい感じです。

ほうれい線のシワ196日目

ほうれい線のシワ

右側のほうれい線

ほうれい線は、少し良くなったように見えます。

来月からも、同じようにいい状態続くかな。

もし、このいい状態続けば、これはすごいということに。

気になるシワ。部分ケアだけではダメな理由

フェイシャルエステを受ける女性

気になる目の下のシワ、目尻のシワ、ほうれい線。

あなたは気になる部分のケアだけに、気を使ってませんか?

顔の皮膚は頭皮から繋がっているので、気になる1箇所だけケアしても効果が薄くなってしまいます。

このレビュー日記自体もシワの部分ケアに注目しているのですが、気になる部分のケアだけではなく顔全体のケアも大切です。

ここでは、顔全体のリフトアップについて触れて行きます。

では、なぜ顔のたるみが起こるのでしょう。

その原因として、

  • 年齢増加にともないコラーゲンやエラスチンが減少し、肌弾力が減少してしまう
  • フェイスラインに皮下脂肪がつき、それが重りとなり顔のたるみを助長する
  • 表情筋が衰えると顔の皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなり、たるみとなってしまう

などなどです。

これらをケアする、頭皮ケアと顔全体のリフトアップを頑張らなければですね。

頭皮ケア

ではなぜ頭皮ケアが必要なのか。

それは、頭皮が凝り固まっていると、血行が悪くなり、頭皮のハリも衰え、顔全体のたるみにつながるからです。

頭皮をマッサージして、柔らかくし、血行を良くして頭皮細胞に栄養を十分行き渡らせて、細胞を元気にしましょう。

頭皮のたるみを予防につながります。

そしてそれが顔全体のリフトアップにもつながるのです。

私が習慣的に行っている方法は、入浴時頭皮まで湯船に入りマッサージです。

湯船に頭を入れるときは、シャンプーまでしてトリートメント前の状態でです。

最近は、水素風呂にはまっていて、湯船に潜ったり、後頭部をつけたりしています。

顔全体のリフトアップ

顔全体のリフトアップのためのケアは、色々ありますね。

年齢によっても、選ぶ方法が違いますが、まずあげて見ます。

  • お顔のマッサージ(セルフマッサージ、エステ)
  • 美顔器でホームケア
  • 美容クリニックでレーザーやハイフ
  • 美容整形で糸によるリフトアップ術
  • 美容整形でリフトアップ術

思いつくのは、こんな感じですね。

お顔のマッサージ

一番手軽にお金をかけずにできるのが、セルフマッサージです。

でも、色々情報が溢れていてどれがいいのかわからなくなってしまうかもしれません。

その中から、自分の合った方法を選んで実践していくのがいいですね。

私のオススメのセルフマッサージ方法は、長くなってしまうので今後のブログでご紹介していこうと思います。

大まかにいうと、時々行うマッサージではなくて、毎日気軽に短時間でできるマッサージがおすすめ。

毎日の積み重ねが大事です。

もう一つは、エステなどに行って施術を受ける方法です。

こちらはプロが行うので、安心して受けることができます。

かかりつけ病院のように、行きつけのエステティシャンを見つけて、定期的に通うのもおすすめです。

美顔器でホームケア

今あまり外に出たくないこのご時世の中、一番おすすめなのがホームケアです。

美顔器によっては、エステ並みのケアができてしまいます。

家で本格的なケアができるものを探していたら、いいものを見つけました。

もともとEMSは持ってたのですが、それとは別に光美容の美顔器です。
モードを変えるとムダ毛ケアもできちゃう優れもの。

ドクターシーラボのエステ発「フォトEPC

今一番お気に入りのホームケアです。

ムダ毛ケアもできるから、彼氏や旦那様のおひげケアもできて喜ばれます。
これ1台で家族みんなが喜ぶ美顔器です。

美容クリニックでレーザーやハイフ

機会を使い、照射することで皮膚の奥の組織に刺激を与える方法です。

これは、私自身も色々受けたことがあります。

以前は、かなり痛いものがありましたが、最近は痛みが大分緩和されました。

サーマクールやウルセラ、二つを組み合わせたものなど様々です。

どれも体験済みですが、これらは定期的に、例えば年に一度は受けていくのがいいですね。

これらを受けるのと、受けないのでは「違うな〜」というのが感じていることです。

美容整形で糸によるリフトアップ術

フェイスラインに糸を挿入し、内側からたるみを引き上げる方法で傷跡もほとんど目立たずダウンタイムも少ない方法。

体に吸収される医療用の糸が使用されてます。

約半年~1年かけて吸収されるため、引き上げ効果は徐々に弱くなります。

この方法は、メスを使うリフトアップ術よりは、はるかにお顔の負担が少ないので予防的に受ける方もいるとか。

30代40代も多いようですが、私はまだ考えたことはありません。

美容整形でリフトアップ術

メスを使い広い範囲で皮膚を剥がし、引き上げるという方法です。

これは、大きな手術になるので、最終手段かと思います。

メスを使うので、ダウンタイムも長く約3ヶ月くらいでやっと落ち着きます。

この方法も、私はまだ考えたことはありません。