【写真付きレビュー日記】リンクルショット【224日目】〜おすすめフェイスマッサージ〜

リンクルショット224日目リンクルショットレビュー日記
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、あこです。

リンクルショット メディカルセラム」が2021年1月にリニューアルしました。

リニューアルして1年が経ち、いろいろなサイトでレビューを見かけるようになりました。

この記事はリンクルショット メディカルセラムのレビューと、ちょっとした美容情報です。

タイトルにあります【写真付きレビュー日記】とは日記のような形で、リンクルショット使用中の経過を経過日ごとに写真付きで公開していきます。

更新が遅れてしまい、ズレズレになっていますが、今回は使用後224日目、約8ヶ月目のレビューです。

写真で確認してみてください。

リンクルショット メディカルセラムについて、

友人
友人

新しくなったリンクルショットの使用経過を見たい。

気になっているけど高価なので情報を集めたい。

リニューアルしたけど、実際の使用感はどう変わったんだろう。

こんな疑問はありませんか?

この【写真付きレビュー日記】では、このような問題に答える内容をシリーズでまとめていきます。

興味を持っていただければ、ぜひこのブログをブックマークなどして頂いて、使用経過を写真と合わせて時々見に来ていただければ嬉しいです✨

当初はリンクルショットをどのくらい使い続けるかは決めていませんでしたが、ずっと継続することにしました。

8ヶ月使用し続けて、若い頃からずっと気になっていた目の下のシワも、今までの化粧品とは違うと感じてきています。

既にリンクルショット4本目を使用中です。

今後は、1〜2ヶ月に1回のペースで発信していきますのでよろしくお願いします。

あこ
あこ

この記事の執筆者あこは、現役ナース。

2022年の段階で48歳。
趣味は、アンチエイジング。
20代の頃から美容が趣味で、30代ではエステの資格を取得。
美容医療やコスメなど、日々新しい情報を模索しています。

詳しいプロフィールはこちら

次回発信予定は、280日目(10ヶ月目)。

では、本日は224日目の写真です。

肌荒れなどで見苦しいですが、
閲覧注意です。

スポンサーリンク

【224日目】リンクルショット メディカルセラム

今回はリンクルショットを使い始めて、224日目です。

使い続けて8ヶ月経ちました。

際立って「すごい!」ということもありませんが、使用経過とともに私自身も同時に歳をとっています。

その辺を考えると、少なくともシワが深くなったり、劣化はしていないと感じています。

シワを深くさせてないだけでも喜ぶことなのかもしれません。

メイク後も以前よりシワが気にならなくなってはきています。

レビューの写真は、基礎化粧品をつける前で、洗いたての写真です。

眉間のしわ224日目

眉間のシワ

縦に1本それに続くように左目頭に向かって斜め線のシワがあります。

眉間のシワはやっぱり変わりません。

保湿にも力を入れます。

これ以上深くならないように頑張ります。

目の下のシワ224日目

目の下のシワ

左目の下に複数の放射線状と網目状のシワがあります。

若い時からずっと気になっている部位です。

一番気になってる部分でもあり、一番良さを実感している部分でもあり。
前回とはほぼ変わりませんが、一年前と比べるとやっぱり綺麗になったなと実感します。

リンクルショットを気に入っている一番の理由でもあります。

ほうれい線のシワ224日目

ほうれい線のシワ

右側のほうれい線

ほうれい線は、光加減の違いもありますが、大分良くなってます。

お肌の調子もあるので、このまま今後も良い状態なのを願います。

おすすめフェイスマッサージ

バスルーム

前回もふれましたが、リフトアップにはセルフでフェイスマッサージも効果的です。

でも、適当に間違った方法だと、逆効果になることがあるので要注意!!

セルフマッサージをする直接の目的は、リンパ液の流れを良くすること、血行を良くすることです。
リンパ液の流れがよくなると、老廃物を排除しやすくして、肌のターンオーバーを促進します。
血行が良くなると、栄養が細胞に行き渡りお肌が元気になります。
こうして、お肌にハリも出て、お顔のリフトアップにつながるのです。

では、注意点について

  • クレンジングでマッサージしない
  • 擦らない

クレンジング剤はあくまでメークを落とすもの。
メークをなじませたら、早めに洗い流します。
お肌に負担がかかるので、できれば1分以内。
それに、せっかく汚れを浮き上がらせたのに、それをマッサージに使うと、逆に毛穴を詰まらせてしまいます。

摩擦は美肌の敵です。
洗顔の時でさえ、擦ってはいけません。
肌を擦ってしまうと、刺激によりメラニン色素を分泌させてしまいシミが濃くなってしまうこともあります。
しみの原因のメラニン色素は、紫外線を浴びたときだけでなく、過度な刺激によっても分泌されてしまうんです。

おすすめのセルフでフェイスマッサージ方法

マッサージ方法については、いろんな情報があると思いますが、私がおすすめするのは、マッサージの時間を特別に取るのではなくて、毎日のスキンケアの中で、簡単に習慣的にできる方法です。
マッサージの時間をとってするのもいいのですが、はじめは決めた通りにできても続けるのが難しいという欠点があります。

ですので、私の性格的には、毎日の習慣的な方法がベスト。

・湯船の中で

湯船の中で体が温まったところで、まずは首周りをほぐします。
リンパ液の出口である首周りがほぐれていないのに、顔のマッサージから始めると老廃物がとどこおってしまいます。

首から下のマッサージは、押すというよりさするようにマッサージします。

  • まずは、脇の下のリンパ節をもみほぐして刺激、次に鎖骨の下を胸の中央から脇にむかってさすります。
  • 鎖骨の上のくぼみを肩先から中央にむかってやさしくさする。
    そのあとに、やっと本題の首マッサージです。
  • 両手を交互に使い、耳の下あたりから、鎖骨の中央、耳の下から肩先にむかってさすり、リンパを流す。

耳の下には、耳下腺リンパ節があります。
ここの流れをよくすることで、お顔ラインがすっきりします。

大体、全ての工程で1分間くらいずつはマッサージしています。

湯船で行うマッサージはここまで。

この後、私はいつもお風呂上がりにフェイスマッサージをしています。

・お風呂上がりお化粧品でお肌を整えた後に

フェイスマッサージ
  • 両手をあごの先端に置き、左右の耳の前まで数回さすります。
  • この後、私は顔は軽くポンポンと押す程度にして摩擦にならないようにしています。
  • まず小鼻の真横あたりから耳の下まで、次に目の下からこめかみまで同じように押していきます。
  • 目頭からこめかみまで、おでこの中央からこめかみまで同じように押します。

私はいつもこの程度のマッサージを行なっています。
これくらいなら、毎日無理なく続けられてます。

この程度のマッサージでも、しないときよりは、お肌の調子が良くなったと感じています。

ポイントは、リンパ液の出口である首周りと鎖骨から、ほぐすということ。
こうする事で、リンパの流れがスムーズになって、お肌が元気になり、リフトアップにも繋がります。